一流選手の練習メニュー〜Kalyn Kellerの練習メニュー〜

オリンピック選手の水泳メニューを紹介します。

アメリカのKalyn Keller選手のメニューです。

Kalyn Keller選手は

2004年のオリンピックで800mFrに出場,4位の成績を残しています。

ちなみにその時のタイムは8:26.97でした。 

 

一流選手の練習メニュー〜Kalyn Keller選手の練習メニュー〜

 

Warm-Up

300 easy free


900 – (300 kick/300 pull/ 300 swim)

 

Kick Set

3 x 100 @ 1:50 descend (each 100 is faster than the previous one)


4 x 25 @ :40 sprint kick 


3 x 100 @ 1:40 descend 


4 x 25 @ :40 sprint kick 


3 x 100 @ 1:30 descend 


4 x 25 @ :40 sprint kick

 

Stroke-Specific Set

20 × 50

1 – drill @ 1:00 


2 – build @ :45 (get faster throughout each interval)


1 – strong (90 percent effort) @ :45


1 – easy @ 1:00


(repeat through four times, varying strokes)

 

Main Set

15 × 300 (one minute rest between sets)

3 @ 3:30


3 @ 3:25 (pull) 


3 @ 3:20


3 @ 3:15 (pull) 


3 @ 3:10

 

300 Easy

 

TOTAL: 8,200 yards

 

解説

キックセットはdescending setです。

途中にスプリントを挟んでいるのが印象的です。

キックの持久力を高めるというよりは

スプリント系の能力を高める意味合いが

強いように感じます。

 

ストロークセットはvariable sprintのような

スプリントセットです。

ぐるぐると内容がかわっていくので

選手も飽きづらいメニューとなっています。

 

メインセットはdecreasing restです。

持久系のトレーニングにみえますが

セット間が1分ありサークルも短いことから

どちらかというとスプリント系のトレーニング効果を狙ったものと考えられます。

スイミングファーステストでいうと

SP1(耐乳酸)に近いと思います。

 

感想

メインをSP1と仮定すると

メインに至るまでにスプリント系のトレーニングが

配置されている理由が分かります。

メイン前までのメニューは

スプリント系(特にSP1,SP2)のメニューを組む時に参考になると思います。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA