一流選手の練習メニュー:ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンド①

今回は一流選手の練習メニュー

Pieter van den Hoogenbandの練習メニューです。

100Fr の伝説のスイマーです。

ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンド選手は

2000年シドニー五輪100Fr,200Frで金メダル

2004年アテネ五輪で100Fr金,200Frで銀メダルを取った

Fr短〜中距離の超一流スイマーです。

彼の練習メニューをみつけたので紹介致します。

 

Pieter van den Hoogenbandの練習メニュー

Warm-up:

6 x 150m

 alternating

  1t:free/back/free

  2t:IM

  3t:50 kick/100 pull

 (1〜3tを順に2順行う)

4 x 50m

 alternating

  1t:kick-pull -> 1st 25m fast

  2t:specialty-> 1st 20m at 90% effort

 (1tと2tを交互に行う。

  2tのspecialtyは専門種目のこと)

1 x 100m

 choice at 60% effort

Sprint:

3 x 25m

 specialty at 96 to 100% effort

 25m Time & Stroke Rate

 start: continuously active recovery to 50m

 (専門種目で96〜100%の努力で泳ぐ。

  25mはストロークレートを意識して泳ぐ。

  開始前に50mのリカバリーを行う)

150m

 choice at 60% effort

3x 20m

 specialty at 100% effort

 Time for 15m

 continuously include active recovery to 50m

150m

 choice at 60% effort

2 x (3 x 15-20m)

 specialty at 100% effort @ 1:10

 including 15m easy

 return to start

100m

 active recovery after each set

Aerobic Capacity/Aerobic Power:

3 x (6 x 100m)

 alternating each set:

 1st set:

  4 x free pull + 2 x free swim descend 1:06 to 1:02

  (interval: 1:20)

 2nd set:

  3 x free pull + 3 x free swim descend 1:04 to 1:00

  (interval: 1:25)

 3rd set:

  2 x free pull + 4 x free swim descend 1:02 to 0:58
  (interval: 1:30)

Rest after 1st set = 200m active recovery,

2nd set 300m active recovery,

3rd set 400m active recovery

 

Cool-down/Loosen:

8 x 50m

 alternating

  2 x specialty drills, 1 x choice

  60% rest interval: 10-15 sec.

TOTAL: 5,300 m

 

解説

100Frで金メダルを取り続けた選手だけあって

スプリントの要素が非常に強いメニューです。

ダッシュ系のメニューのあとは必ずリカバリーを入れて

ダッシュ一本一本に集中して臨めるようになっています。

 

メインは徐々に泳速,強度が上がっていくようなデザインになっており

速い泳速でもフォームを崩さないことを目標としていると予想します。

いずれにしても

非常に参考になるメニューだと思います。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA