こむら返りを予防する

水泳といえば足がつる… 

この足がつる状態, 「こむら返り」ともいわれますが

正確には「有痛性筋痙攣」と呼ばれます。

さて, こむら返りは予防できるのでしょうか。

こむら返りの原因

運動中のこむらがえりの原因には複数の説があるようです1)

例えば

 

1. 脱水による体液バランスの異常

2. 発汗による電解質バランスの異常

3. 上位中枢からの脊髄反射の抑制が少ない

 

などです。

 

この根拠となる文献は2008年なので

もしかしたら今ではある程度明らかになっているかもしれませんが

2015年までの日本語,英語論文では

特にこれといった文献はありませんでした。

(英語論文は気になるものがありましたが,ダウンロード出来ませんでした…)

 

こむら返りへの対策

では,こむら返りが起きないようにするにはどうすればいいでしょうか。

また,起きてしまったらどう対処すればよいでしょうか。

 

こむら返りの予防法:水分,電解質補給

経験的に0.2%の食塩水が効果的なようです1)

恐らく水分補給に加えて,電解質補給を目的としているのでしょう。

ポカリスエットの塩分濃度は0.6% アクエリアスの塩分濃度は0.3% らしいので,

2倍から3倍に薄めるとよいと思います。

ただし,こむら返りの原因がはっきりしていない以上

水分と電解質の補給が必ずしも有効ではないことも

念頭に置く必要があるでしょう。

 

こむら返りの予防法と対策:準備体操およびストレッチ

文献的な根拠は十分ではないですが 十分な準備体操とストレッチも効果的なようです2)

また,こむら返りになった時は

つった筋肉をストレッチすることで症状の改善が期待できます。

 

まとめ

こむら返りは,よく目にする現象であるものの 不明な点が多いことに驚きです。

水分,電解質のアンバランス以外に

疲労や内科的疾患などでもこむら返りは生じます。

頻繁にこむら返りが生じるようであれば

日常生活やトレーニング内容の見直しも検討する必要があると思います。

 

参考文献

1) 奥脇透,「筋けいれん」の原因と対策,スポーツメディスン 20 (2): 6-10, 2008.

2) 高尾昌樹,こむら返り(有痛性筋痙攣), medicia 41 (8) : 1361-1363, 2004


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA