水泳で沈まず泳ぐための4つのポイント

まだ水泳に慣れていない方は沈むのを恐れます。

それはよくわかります。

今回は水泳で沈まない方法を検討してみたいと思います。

なぜ泳ぐと体が沈むのか

なぜ泳ぐと体が沈むのでしょうか。

水面にのんびり浮かぶ事は出来ますが

泳ぐ時には体が沈み,息がしづらくなります。

なぜでしょうか。

 

この答えには浮力が生じる位置(浮心)と

重心の位置が関係してきます。

浮心は肺周辺に,重心はおへそ周辺にあります。

そして,浮心と重心は

浮心と重心を結ぶ線が水面に垂直になるまで位置関係を変え

その結果,体は回転します(足が沈む方向に回転する)。

(参考:楽に泳ぐ5つのポイント)

つまり,浮心と重心の位置を出来るだけ近づけることで

回転運動を抑え,体が沈むのを防ぐことが出来ます。

 

浮心と重心の位置を近づける方法

浮心と重心を近づける方法として

以下のような方法が紹介されています1)。

 

1.重心を浮心に近づける操作

 ・両下肢をやや屈曲させて殿部に近づける

 ・両腕を頭上方向へ伸ばす

 

2.浮心を重心に近づける操作

 ・肺の中の空気を減らす

 

3.浮力を大きくする操作

 ・両肩および下顎部を水中に浸す

 

まずは,これらについて一つずつみていきます。

 

沈まないためのポイント①:両腕を頭上方向へ伸ばす

これはすぐに出来る事です。

バンザイで耳の横まで腕が上がらない人は

ストリームラインを組む時に

水面近くまで腕を上げることが出来ません。

腕が十分に上がらないと重心は足の方に移動してしまいます。

その結果,重心の位置が浮心の位置より離れて下半身が沈みます。

従って,体を沈めないための対策として

泳いでいる時にストロークに参加していない方の腕は

なるべく頭の上に伸ばしておく

つまりストリームラインの姿勢をとり続けることが

沈まないポイントになるかと思います。

 

ちなみに,もう一つのポイントとして記載されている

「両下肢をやや屈曲させて殿部に近づける」

は水泳にどこまで関係するか分からないので今回は検討しません。

 

沈まないためのポイント②:肺の中の空気を減らす

空気を含む肺が最も浮力を生む場所なので

肺になるべく空気を入れなければよい,

という考えです。

 

ただでさえ苦しいのに無茶なことを…と感じるかもしれませんが

意外と簡単に達成できます。

以前紹介した記事でも述べましたが

泳いでいる最中の呼吸は吸うのではなく吐く方を意識することで

いたずらに肺の中に空気をため込むのを防ぐことが出来ます。

息を止めて苦しいのは

酸素が足りないからではなく二酸化炭素が増えたが原因です。

それを思い出せば肺に空気をため込もうとするより

肺の空気を出そうと気持ちを切り替えれるはずです。

 

沈まないためのポイント③:両肩,下顎部を水に浸す

浮力は押しのけた液体の体積によって増減します。

従って,両肩や頭などを水につけることによって

押しのけられる液体の量が増えるため

浮力が高まるということです。

浮力が高まれば体は浮きやすくなります。

 

しかし,押しのける水の体積を増やすことで

浮力の増減には影響するかもしれませんが

浮心と重心の位置関係については大きな影響を及ぼさないと私は考えています。

 

いずれにしても浮心と重心の話から少しずれますが

浮力を高めるためにストロークやキックが

水上に出すぎないようにするべきです。

 

その他の沈まないポイント④:泳いでいる最中の体の上下動を避ける

キャッチの部分で力を入れすぎている人に多いです。

体の上下動は水面から出る体の体積を大きく変動させるので

浮心の位置が常に移動してしまいます。

その結果,足が沈んだり浮いたりと安定した泳ぎにはなりません。

 

まとめ

体が沈まないポイントを最後におさらいします。

 

① 泳いでいる時の姿勢はストリームラインを意識する

② 肺に息を貯めすぎず,呼吸は吐く方を意識する

③ いたずらに体を水面から出さない

④ 泳ぐ時にはなるべく体の上下動は避ける

 

ここで面白いのは

楽に泳ぐ5つのポイント」の回で紹介したポイントと

今回の沈まない方法で挙がったポイントが

かなり重複していることです。

 

体が沈みにくくなることは

楽に泳ぐことに直結するんですね。

 

参考文献

1)石井喜八 著:スポーツ動作学入門, 市村出版, 2002

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA