水泳の練習メニュー:初心者向け (呼吸で体を沈めない)サンプルメニュー

今回は水泳初心者の方へ向けた

楽に呼吸する方法を身に着けるための練習メニュー、第2弾です。

今回は、ストロークしている方と逆の腕の位置を意識するメニューを組んでみます。

練習メニューを作る前に

前回作成した練習メニューのテーマは

ストリームラインを保持し

それをベースにフォームを作っていくものでした。

今回は前回のメニューの中で注意するべき点の

さらに一部分のみを切り取って練習する形をとります。

 

今回のテーマは

「ストロークしていない方の手の位置」

です。

ある程度慣れると

ストロークしていない方の手はストロークしている方の手が

リカバリーの局面に入ったらストロークを開始します。

しかし、慣れないうちは

キャッチアップでいいと思います。

すなわちストロークに参加していない手は

基本水面付近にあることを習慣化した方がいいでしょう。

 

練習メニューをする人の情報

対象:40歳女性 (マスターズスイマー)

専門種目:50m Fr ベストタイム:’50

練習頻度:週2回,1回1時間

 

練習の目的

呼吸の際,手が沈むのを防ぐ

 

練習メニュー作成時の留意事項

1.距離を短く区切って,フォームに集中できるようにする

2.サイドキックなどをメイン前にはさみ、

 呼吸の時に手を下げないような意識づけを行う

 

練習メニューのサンプル

Up

 25×4 1’00 choice

 

Drill

 25×4 1’00 on-board kick

 25×4 1’00 side kick (真横を向いて)

 25×8 1’00 side kick (斜め45°程度に傾いた状態で)

    ※体の下の方の手は下げないように

     上の方の手は体につけて気を付けの姿勢

 

main (強度指定はなし)

Swim

 25×4 1’00  side kick → 片手swim

  set rest ’30

 25×6 1’00  片手swim → catch up swim

  set rest ’30

 25×10 1’00  catch up swim

 

Down

 25×6 1’00

 

メニューの意図

メイン前

side kickでも体が沈まないことを実感してもらいます。

最初は真横を向いてのside kick,

その後は45°程度傾いた状態 (ローリングした状態) で

side kickを打ちます。

 

side kickを打っている最中に

伸ばした方の手が沈んでいると体は沈んでいきます。

手の位置を保つことと体幹部を曲げないことを意識してもらって

side kickを繰り返し練習します。

 

ローリングした状態でのside kickはスイムに近い姿勢です。

ここにストロークをつけたすイメージで

メインは泳いでもらいます。

 

メイン

side kickからスイムに近づけていくスイムセットを組みました。

レストを十分にとって

フォームを確認しつつ泳ぎます。

 

おわりに

今回は前回に引き続き

呼吸を楽にするための足がかりとなる

練習メニューを組みました。

side kickはなんとなく行っても効果はありません。

一方で,side kickは目的意識を持った上で

ぜひチャレンジしてみてほしいドリルです。

参考になれば幸いです。

 

参考文献

本ホームページ記事

 楽に泳ぐ5つのポイント:なぜ水泳選手は100mを何本も泳げるのか

 水泳で沈まず泳ぐための4つのポイント

 クロールを楽に泳ぐ

 水泳の練習メニューを作ろう(基本編)


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA