水泳の練習メニュー:ドリル(ストリームラインドリル)をメインにすえた練習メニュー

今回はストリームラインドリルをメインに据えた

練習メニューを紹介します。

練習メニューを作る前に

ストリームラインドリルは

要するにストリームラインを意識するドリルです。

ストリームラインを意識できるドリルを配置し

最終的にスイムにつなげていきます。

 

練習メニューをする人の情報

対象:30歳男性 (マスターズスイマー)

専門種目:100m Fr ベストタイム:1’10

練習頻度:週2回,1回1時間

 

練習の目的

ストリームラインを意識した泳ぎを習得する

 

練習メニュー作成時の留意事項

1.練習前に体幹部に力を入れる意識づけを行う

 (陸上でおへそを引っ込め、背中を反らない姿勢をとってみる)

2.レストは長めにとり、姿勢に対して意識が向きやすいようにする

 

練習メニューのサンプル

Up

 100×4 2’20 choice

 

Kick

 50×4 1’20 on-board

 100×4 2’30 on-board

 

Stream Line Drill Set

 25×2 1’00 けのび (いけるとこまで) →no-board kick

 25×2 1’00 潜水キック下向き (stream lineを意識して)

 25×2 1’00 潜水キック上向き (stream lineを意識して)

 25×2 1’00 潜水キック横向き (真っ直ぐ進めるか?)

 25×2 1’00 潜水キック下向き (stream lineを意識して)

 25×2 1’00 けのび (いけるとこまで) →no-board kick

 

Swim

 50×4 1’30 けのびで10mまで進み→swim

       ターン後も10mまでけのびで進み→swim

 50×6 1’30 0~15m、25~40mはpullはしないこと

      (けのび+no-board kickで進むこと)

 

main (EN1:target HR: 110~120 bpm)

swim

 50×8 1’00

 100×6 2’00

 200×4 3’50

   ※全てのセットにおいて、

    スタート、ターン後は12.5mまでpullをしないこと

 

Down

  100×4 2’10

 

メニューの意図

メイン前

ストリームラインのドリルセットです。

けのびを確認したのち,

様々な方向に体を向けキックを打ちます。

この時,進行方向が大きく変わったり

体がぶれたりする場合は

ストリームラインが崩れている可能性があります。

 

ストリームラインのドリルセットのあとは

けのびを意識したスイムを行い

メインに備えます。

 

メイン

Pull制限を設けたスイムセットです。

スタートとターン後にストリームラインを意識します。

 

おわりに

今回の練習の内容は

実は毎回の練習で意識しなければならないことです。

スタート,ターン後にストリームラインをとり

10m程度を越えてくるのは当たり前のことです。

ストリームラインに体がなれるまで

繰り返し今回のようなメニューを組み込むといいと思います。

 

参考文献

本ホームページ記事

 水泳のドリル (drill) とは何か

 水泳の練習メニューを作ろう(基本編)


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA