水泳のドリル (drill) とは何か

たまにこんな質問を受けます。

「片手スイムってどうやればいいですか?」

 

 

ドリルを習得することが目的になっていませんか?

ドリルは目的を達成するための手段にすぎません。

そもそもドリルとは一体どのようなものなのでしょうか?

ドリルの目的

スイミングファーステストには明確な記載はないようですが

私は以下のような目的があると考えています。

 

1.フォームの一部分を取り出して練習する

2.姿勢の改善を狙う

3.水泳に関わる水の感覚を養う

 

それぞれについてみていきます。

 

ドリルの目的①:フォームの一部分を取り出して練習する

理想とする泳ぎの一部を切り出して

個別に練習するのがドリルの目的の一つだと考えます。

個別練習のドリルのあとにはスイムを組み込んで

ドリルでやった内容をうまく生かすことが出来るか確認します。

 

重要な点として

 

個別練習としてドリルを行う場合は

理想とするフォームを自分の中で理解しておく必要があります。

つまり

「理想とするフォーム」→「ドリルの内容を設定」

という流れでドリルの内容が決定します。

 

たまに見かけるのは

ドリルは出来るけど何を目的として行っているのか理解せず

漫然と行っている人です。

これはもったいないです。

 

私は

「理想とするフォーム」→「ドリルの内容を設定」

でドリルを選択,実行し,

「ドリルで習得した個々の技術」→「統合。スイムに生かす」

という流れでフォームを改善していくものだと考えています。

 

ドリルの目的②:姿勢の改善を狙う

これは「ドリルの目的①」に通ずるものもあります。

泳いでいる最中の姿勢を重点的に確認するドリルです。

例として,ストリームラインドリルなどです。

 

「ドリルの目的①」が動きを伴う動的なドリルであるのに対し

「ドリルの目的②」は静的なドリルを指しています。

 

フォームを改善したら姿勢が乱れていないか確認する必要があるため

「フォームの改善」と「姿勢の確認」は

常に行ったり来たりする間柄だと考えています。

 

ドリルの目的③:水泳に関わる水の感覚を養う

水泳は水を押す事によって推進力を得て

水の中を進む競技です。

陸上とは全く違った環境で行うスポーツなので

それが水泳の楽しさであり難しさでもあります。

 

まずは水を押すとはどういうことか,

水の抵抗を感じるとはどういうことか

理解する必要があります。

その感覚をドリルで養います。

代表的なドリルは,

スカーリング,フィストスイム (ぐースイム) などです。

 

水は速く押しすぎても

かけた力の分だけの推進力を生んでくれません。

適切な速度で水を押す必要があります。

これはスカーリングなどで繰り返し練習するしかありません。

また,ストロークには手のひらだけでなく

前腕や上腕も使います。

前腕や上腕に当たる水の感覚を

フィストスイムで養ったりします。

 

ドリルをうまくつかう

ドリルは目的を達成するための手段です。

目的に応じて同じ名前のドリルでも取り組み方が変わります。

片手スイムを例にとります。

 

目的①

呼吸の時,頭が上がるのを改善したい

 

方法①

ずっと体は開き (フィニッシュの時の姿勢) 

side kickを打ちながら片手スイムを行う。

この時,ストロークに参加していない方の腕と

頭が離れないように意識する。

 

目的② 

ローリングのタイミングの確認をしたい

(フィニッシュの局面まで体が開かないように泳ぎたい)

 

方法②

ストロークがフィニッシュの局面に来るまで

体を開かないように意識しながら片手スイムを行う。

 

このように目的によって方法は変わります。

ドリルの正しい方法は目的によって変わるものだと思います。

 

おわりに

フォームや泳ぐ感覚の向上は大変です。

そして,ドリルも回数がわずかでは

スイムに生かすのが難しいと思います。

徹底的にドリルとフォーミングを行う練習日を設けても

私は効果的な練習になるのではないかと考えています。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA